分娩による体の影響|セックスレス夫婦にならない方法|産後の女性に知ってもらいたい情報

セックスレス夫婦にならない方法|産後の女性に知ってもらいたい情報

婦人
  1. ホーム
  2. 分娩による体の影響

分娩による体の影響

男女

女性の体に起こること

女性の体は産後になると急激なホルモンバランスの変化についていけず、さまざまな不快症状を引き起こすことがあります。もちろん、人それぞれで具体的な症状は異なってくるものの、忙しい中での育児、それが初産であれば尚のこと不安が勝りイライラが尽きない状態が引き起こされるのです。慢性的な睡眠不足や育児によるストレスが夫に向いてしまう、もしくは夫の非協力的な態度に関係がさらに悪化してしまうなどといったケースも少なくありません。こうした女性の体の変化は決して珍しいことではありません。むしろ、授乳をしている女性の場合には母性を強めるホルモンが分泌されることになるため、こうした症状が顕著に表れることになります。こうした経緯によって男女間のセックスレスが問題として持ち上がっていくのです。

男女間の話し合い

産後のセックスレスを解消するために大切な事、それは男性に女性の体がどれだけつらい状態なのかを知ってもらうことです。男性側の欲求はもちろんですが、女性の体は育児に専念している期間のため、無理な行為に及ぶことによってさらに状態が悪化することになります。産後のセックスレスは男性側も女性側も両者が歩み寄って互いの体について話し合うことで解決できます。そして何より産後のセックスレスを防ぐために必要なのが女性側の十分な睡眠です。ただでさえ睡眠不足が顕著になりがちな育児のさなか、少しでも余裕をもって熟睡できる環境が精神面での安定につながっていきます。男性は仕事が休みの間やちょっとした空き時間で育児に参加するなどして、少しでもその負担を減らす努力をしていきましょう。